ワークショップ の内容

Act in 英語のワークショップは、基本的な演技技術をふまえて、それを応用していけるようなトレーニングをする2時間のワークショッ プです。

1時間目:シアターゲーム

Viola Spolin, Augusto Boalや数々の即興劇役者が実践して来たゲームやトレーニングを行います。これによって演ず る事の基礎を楽しく学ぶ事ができます。同時に声と体のウォーミングアップをすることができ、次のパフォーマンスの時間に備える事ができます。
ゲー ムは以下のようなカテゴリー、技術についてのものを行います。

  • accepting 受け入れる

  • advancing the story 次の場面につなげていく

  • association 連想

  • characters 人物像

  • chivalry  潔く負ける/譲る事

  • endowment 相手のしようとしていることを判断する/理解する

  • give and take ギブ&テイク

  • group work グループワーク

  • object work 物を使ったワーク

  • offers 状況変えるための働きかけ

  • raising the stakes 物事により重要性をもたせるための働きかけ

  • space work 空間を利用したワーク

  • spontaneity 素早く切り返す

  • status それぞれの人物の関係/位置づけ

  • tilts 思いがけないことが起こる

  • trust  信頼する

パー トナーと組んで、映画や舞台の場面をもとに練習します。日本人により分かりやすく、効果的な、スタンフォードのMeisner technique, Michael Chekhovのアプローチ、デビッド・マメットのPractical Aestheticsを利用します。以下のような作品の中から場面を選びます。

  • modern movies 現代映画

  • classic movies クラシック映画

  • modern plays 現代劇

  • classical plays クラシック劇

  • dramatic ドラマ

  • comedic コメディ

  • tragicomic  悲喜劇

  • for two people 2人劇

  • for three people 3人劇

2時間目:シーンスタディ

1時間目のシアターゲームは毎回違う事をとりあげていきます。また、2時間目にはいろいろな場面を用意してあります。

2人で申し込んだ方 は2時間目のシーンスタディでペアを組んでいただくこともできます。

2回目以降の Act in 英語ワークショップで は、2時間目のシーンスタディで前回のシーンをもっと掘り下げて練習して行く事もできます。